占いコンテンツの西洋占術と東洋占術の違いとは?

Love Fortuneのようなサイトでサービス提供されている占いコンテンツには、各々の特徴を持っています。
本サイトの先回の記事で紹介した心理診断テストのコンテンツは万能型で老若男女に好まれるという特徴を持っていることなどが挙げられます。

その他にも色々と特徴を持っているコンテンツが多く用意されています。 ということで、ここではざっくりとではありますが、代表的な2つの占いコンテンツの特徴について説明をしていきたいと思います。

■熟年層が自然と好む東洋占術とは?

最たる例は「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の干支を利用した占いです。 日本にとって、非常に馴染み深い占いではありますが、どちらかというとご年配の方々が好む傾向が強いです。

それだけ「昔ながら」という部分があるからです。 昔から、干支の状況によって行動を決めることもあったため、このような状況になっていると言えるのです。

■若者層が自然と好む西洋占術とは?

となると、西洋占術は予想通り「若者が好む占いコンテンツ」になります。 12星座占いなどが最たる例になるため、こちらも非常に馴染み深いと言える占いです。

しかし、干支を意識することが少なくなった昨今(新年を迎えるときに「今年は●●年です」と意識する程度)、やはり西洋占術の方が入りやすいというわけです。
したがって、運営サイトが若者向けの場合は、西洋占術を中心に設置をしていくとよいでしょう。